事業の内容

対象となるかた

  • 町田市内在住・在勤・在学で、一般就労を希望する、おもに精神障がいおよび発達障がいのかた
  • 就労するうえでメンタル面のサポートをご希望の方

相談の受付について

  • 原則的に『予約制』となっております。まず、お電話ください。
  • 登録・相談料は『無料』です。
    ただし、支援にかかるご本人の交通費・食費は実費となります。

内容

  1. 就労全般に関する相談
  2. 就労に向けた支援
  3. ・就労支援
    →ハローワークでの求職者登録・訓練機関などの情報提供、必要な支援が受けら れます。
    ・職場実習
    →職場実習・職場見学などのメニューの提供が受けられます。
    ・職場定着支援や生活面の支援
    →就職後、安心して働けるための支援が受けられます。また、長く仕事が続けられる環境づくりや余暇活動の紹介、職場での悩みなどの相談を行っています。
  4. 企業からの相談
  5. 企業が障がいのある方を安心して雇用できるよう情報提供及び相談を行っています。
  6. 地域のネットワークづくり
  7. 企業、福祉、医療、教育、労働等の関係機関とのネットワークをつくり、地域における障がい者雇用の促進を図っています。

開所時間

月曜日〜金曜日 午前9時30分〜午後6時30分
月1回土曜日 午前9時30分〜午後3時
年末年始休暇 12月29日〜1月3日

このページの先頭へ

社会福祉法人 富士福祉会とは

法人経営施設紹介

◆ 概略

 1978年、町田市で最初の精神障がい者施設として「富士作業所」を開設。その後、1992年に社会福祉法人富士福祉会を設立しました。多くの市民の皆様のご理解、ご協力のもと、町田で暮らす精神障がい者の社会資源の充実に努めております。

◆ 利用者の社会参加を促す富士福祉会の活動

富士福祉会は精神障がい者に向けて、以下の事業を行っています。

・専門のスタッフによる「相談支援」
・安心して生活できる場を提供する「居住支援」
・仕事や就労訓練、社会参加による安定した生活を作り上げる
「日中活動支援」

常に利用者一人ひとりの個性を尊重し、仕事や活動を通じて人々の役に立つ喜びと誇りを感じられる機会を提供し、規則正しい日々の生活を送ることを支援するなど、その方らしい社会参加を促します。入院中の方の地域移行も支援しています。
仲間との語らいも大事な社会参加です。さりげない一言や思いやりに自分が勇気づけられ、また相手を勇気づけることもあります。そして、これらの日常の活動やふれ合いが、症状を軽くすることにもつながります。
利用者の日中活動の機会としては、清掃事業、パン・菓子製造販売、お弁当製造・配達、軽作業の請負、エコバック製作などを行っています。
これらの利用者の仕事への姿勢や成果は、ご依頼先からの信頼も厚く、高い評価をいただいております。

 
詳細は法人ホームページをご覧ください。

このページの先頭へ

レッツではこんな支援をしています

レッツの支援のポイント

  • 自己理解
  • 自信の回復
  • 「働く」をベースにした地域ネットワークづくり
相談から就職までの流れを説明します

初回面接 ( しょかいめんせつ )

  • 相談 ( そうだん ) 目的 ( もくてき ) 確認 ( かくにん ) します。
登録をしていただきます。生活の基盤つくりが必要な方には、生活支援施設等のご紹介をします。

自己分析 ( じこぶんせき )

  • 希望職種 ( きぼうしょくしゅ ) 現在 ( げんざい ) 自分 ( じぶん ) のすりあわせをします
【現在の自分をみつめる】 ・なぜ働きたいのか ・働く体力は? ・働いた経験は? ・ご自分の特性は? ・どんな支援が必要と思うのか? ・どんな仕事をどんな条件で働くのか? ・自分の障がいをオープンにして働くのか?

就労準備 ( しゅうろうじゅんび )

  • 利用者 ( りようしゃ ) 特性 ( とくせい ) 課題 ( かだい ) にあわせた 訓練場所 ( くんれんばしょ ) 調整 ( ちょうせい ) します
  • 利用者 ( りようしゃ ) 目的 ( もくてき ) にあわせた 職場実習先 ( しょくばじっしゅうさき ) 調整 ( ちょうせい ) します
  • 就職 ( しゅうしょく ) する ( さい ) のアピールポイントを 整理 ( せいり ) します
  • 家族 ( かぞく ) 関係機関 ( かんけいきかん ) 実習先企業等 ( じっしゅうさききぎょうなど ) 面談 ( めんだん ) 訪問等 ( ほうもんなど ) により 情報交換 ( じょうほうこうかん ) ( おこな ) います
何をすればより就労に近づけるのか実際の体験場面を通してみつけていきましょう。就職するには、「働きたい!」と思う動機がとても大切です。

求人応募・面接 ( きゅうじんおうぼ・めんせつ )

  • 履歴書 ( りれきしょ ) 作成指導 ( さくせいしどう ) 模擬面接 ( もぎめんせつ ) などを ( おこな ) います
  • 集団面接会 ( しゅうだんめんせつかい ) などの 情報 ( じょうほう ) 提供 ( ていきょう ) し、 同行 ( どうこう ) します。
  • 企業 ( きぎょう ) との 面接 ( めんせつ ) 同行 ( どうこう ) します
就労先の特性(どんな仕事なのか働く時間は? 障がい者の雇用の経験など)と、ご自分の特性は合っていますか?

就職・定着支援 ( しゅうしょく・ていちゃくしえん )

  • 就職後 ( しゅうしょくご ) には 職場訪問 ( しょくばほうもん ) 面接等 ( めんせつなど ) により 利用者 ( りようしゃ ) 企業 ( きぎょう ) との 相談 ( そうだん ) 必要 ( ひつよう ) 環境調整 ( かんきょうちょうせい ) ( おこな ) います。
  • OB ( かい ) 開催 ( かいさい ) し、 就職 ( しゅうしょく ) した ( かた ) たちがお ( たが ) いに ( ささ ) えあえる ( ) 提供 ( ていきょう ) します。
就職後も一人で悩まずに、センターの職員にまず相談して下さい。 一緒に解決を図りましょう。 周りにはたくさんの支援者がいます。
誇りを持って生き続けましょう!

このページの先頭へ